2005年09月15日

”働き盛り”は要注意!!・・「目のストレス病」

”ものがゆがんで見える”、”ものが小さく見える”、”まわりは見えるのに、ちょうど見たい部分だけが暗く抜けて見えにくいことがある”・・・なんてことはございませんか???

もしこのような目の違和感を感じたら、”目のストレス病”の1つ「中心性網脈絡膜症」を疑ってみてください。

◆中心性網脈絡膜症とは・・・・・

はっきりした原因はわからないそうですが、コンピュータや精密機器など、目を酷使する職業の人に限らず、ストレス、過労、睡眠不足など、日々鬱積したストレスが視力に支障をきたす病気だとか・・・・

比較的誰にでもなりうる病気といわれていますが、特に30代〜50代の事務系の仕事をされている”働き盛りの男性”に多く見られる病気なんだそうです。

症状は・・・・
網膜に水ぶくれができる状態を伴うことから、ものがゆがむ、縮小して見える、また視野の中心に暗点ができて視力が落ちるといった症状が出るといわれています。片方の目だけに起こることが多く、両方の目に起こることはまれですが、時期をずらして反対の目に発病することもあるそうなので注意が必要です。

対処等は・・・
多くの場合2、3カ月〜半年以内に自然治癒するそですが、遷延化すると視力が十分に回復しない場合もあるそうです。

治療方法は、軽い症状の場合、飲み薬中心なのですが、症状がひどい場合や再発した場合は、
レーザーによる光凝固治療により、病状を早めに回復させる効果を高める治療もあります。

この病気に対する普段からの心構えは・・・・左右の目を比較して見え方に異常を感じたら、無理をしないことです。

この病気は再発しやすい特徴があるため、疑いがある場合は迷わず眼科で検査を受けましょう!!


お近くの眼科医をお探しでしたら、こちらから!!
posted by 鶴 富士 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

荀???????緇
Excerpt:
Weblog: 荀???????緇??????
Tracked: 2005-09-21 09:00

赤い恋人
Excerpt: 赤い恋人の最新情報をチェック!ad5();         赤い恋人...
Weblog: [TW] HOTWORDS
Tracked: 2005-10-22 14:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。