2005年09月05日

「間接照明」を使った”癒し空間”の演出

朝夕など、そよ吹く風が涼やかですね・・・まだまだ残暑が厳しい日が続いておりますが、日を追うごとに秋の気配が感じられるようになりました。
秋の夜長が楽しみな季節がすぐそこに・・・・・

秋の夜長の楽しみといえば、読書・・食べること・・・etc・・・・・・・・
なにかと部屋で過ごす時間が多くなりませんか?

皆様の中には快適な住空間を求めて、部屋の模様替えなどを考えている方もいらっしゃるのでは・・・・・

部屋の印象を変えてみたい時などに比較的手軽な方法として、”照明を使った多彩な室内空間の演出”が注目されはじめております。

”照明”がインテリアとしての役割を担うようになったんですね・・・・・

そこで、これからの季節にピッタリな、室内空間の演出に役立つ”間接照明”をご紹介いたします。

間接照明
天井の照明を消し、スタンドなどで部分的に壁や床、天井を照らし、その照り返しで部屋を明るくするのが基本だとか・・・二つ以上の電気スタンドを用意して、部分的に部屋を照らすなど、”くつろぎ感のある癒しの雰囲気を演出すること”がコツ。

そのためには”自分を直接照らさない位置に光源を置く”、”光が漂う「明かりだまり」を視線の先に作る”ことがポイントとのこと・・・・・

間接照明は読書するには暗いので、間接照明を巧みに使い”リラックス効果”を高めることが目的。
さらに、寝付きがよくなるという効果も・・・・・

リラックスして気持ちが安らぐ・・・一日の疲れを癒すのにまさに”うってつけ”ですね。

間接照明にも役立つ”フロアスタンド”、”クリップライト”、”スポットライト”など・・・・・・・・・
★照明器具や電器製品を取り扱うお店はこちらから探せます。
posted by 鶴 富士 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。