2006年08月17日

効率の良い”水分補給”とは?

この暑さを乗り切るには、水分補給は大切。

でも・・・

むやみにガブ飲みすれば良いというわけではありません。

そこで大切なのが、タイミングと摂取量


成人の一日あたりの飲料水の摂取目安はおよそ800〜1300mlだとか・・・

コツは、一気に飲むのではなく、時間をかけてゆっくりと飲むのが良いと言われています。


そこで注目されている健康的な飲み方が・・・

1回に付き300mlの水を、3分かけて1日3回飲む方法。


「3・3・3摂取法」があります。

3回のうち、とりわけ重要なタイミングは朝と就寝前

寝ている間に失う水分量はおよそコップ1杯といわれております。

この損失分を補うために、このタイミングでの摂取が重要なんです。


また・・・こんなことも大切です。

できるだけ常温のものを摂取することを心がける。

冷たい飲み物は、内臓への負担が大きい。
そして、夏冷えの原因にもなるので注意が必要です。


汗と一緒に失われる塩分の補給

水ばかりだと・・・

血中の塩分がどんどん失われ・・・脱水症状が加速します。

こんなときは、スポーツドリンク!!

砂糖・塩分は水の吸収を高める効果もあります・・・が・・・

糖分の過剰摂取には注意が必要。



暑い日が続きます、効率の良い”水分補給”は是非心掛けたいですね。



iタウンページで見つけた水分補給のコツに関する情報紹介


★ラクーナ(理想的な水分補給)

-株式会社サン食品【福井県福井市】-
〜水分補給を追求し、体液を意識して作られた体が必要としている水分とイオンを同時に補給できる粉末清涼飲料、高年齢の方々におすすめ!〜


アクアクララ

現代人に必要な4種類のミネラル成分をバランスよく配合し、現代人が好む軟水に仕上げらてた”口の中でまろやかにひろがる、おいしくヘルシーな水”

-アクアクララ岡山代理店有限会社フォアサイト【岡山県岡山市】-
〜日本全国に安定して安心・おいしい水をお届けするために、59ヶ所のプラントを展開中(一部、ご提供できない地域あり)〜


☆水分補給だけでは不十分!

えっ・・・!!

-まえのぶ薬局【広島県東広島市】-
〜脳梗塞の予防には、水分補給だけでは対策不足。体をうるおし、血液をサラサラにしましょう。
気を補い、体液を増やす『麦味参顆粒』と血液をサラサラにする『冠元顆粒』の併用は、夏の脳梗塞予防の理想的な組み合わせ〜
〜アスリートにもオススメ。夏のゴルフやハイキングにも大いに試してみる価値がある中国漢方薬〜
posted by 鶴 富士 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22450252

この記事へのトラックバック

漢方で多汗症対策
Excerpt: 漢方による多汗症対策について調べてみました。 ■漢方とは? 漢方とは、生薬を使って病気の治療をする医学をいうものですが、生薬を使う治療すべてが漢方ではありません。例えばアロエやセンブリ..
Weblog: 多汗症対策ブログ
Tracked: 2006-10-02 17:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。