2006年01月17日

冬はやっぱり・・・”鍋焼き○○○”

冬に食べたい”鍋焼き・・・・うどん・・・”

ですが・・・私が食べたいのは”鍋焼きラーメン”です!!

”鍋焼きラーメン”って・・・なんですか??

残念ながらこちらのラーメンガイドにもございませんが・・・・・

”鍋焼きラーメンの定義”をご紹介します。

『須崎名物鍋焼きラーメンプロジェクトX』(平成14年須崎商工会議所において発足)
による7つの定義

1 スープは、親鳥の鶏がら醤油ベースであること
2 麺は、細麺ストレートで少し硬めに提供されること
3 具は、親鳥の肉・ねぎ・生卵・ちくわ(すまき)などであること
4 器は、土鍋(ホーロー、鉄鍋)であること
5 スープが沸騰した状態で提供されること
6 たくわん(古漬けで酸味のあるものがベスト)が提供されること
7 全てに「おもてなしの心」を込めること

となっております。

もともと ”鍋焼きラーメン”は・・・・

戦後の食糧難の時代、トッピングに使われている「ネギ」、「玉子」、そして昔から食べられている「ちくわ」など、須崎(現在の高知県須崎市)周辺で調達できる手に入りやすい食材から始まったそうです。

ホーロー鍋や土鍋を使うようになったのは、出前をはじめるにあたり”ラーメンが冷めないようにするための心遣い”から生まれたものだとか・・・・・

まさに、定義の7つめ”全てに「おもてなしの心」を込めること”がうなづける逸品ですね。


iタウンページで見つけた”鍋焼ラーメン”のお店

-食事処喜楽【高知県】-

-ひさし鍋焼ラーメン>【広島県】-

その他・・・

★探してみよう”鍋焼ラーメンのお店
高知県 須崎市のグルメ情報(グルメMAP)はこちらです。



さて・・・甘党の方には・・こんな”鍋焼き○○○”はいかが?

それは・・・・・

一文字菓子店 で売っている

”鍋焼プリン”です!!!

これも・・・・

高知県須崎名物”鍋焼ラーメン”をイメージして造られたこのプリンは、
毎日販売個数が限定された逸品(だいたい百個程度)です。

とろけるプリン+マロンペースト+ほろ苦いカラメルゼリーの三重奏・・・・・

さらに・・・・・本物志向?の方々には・・・・・

19cmの蓋付の”土鍋プリン”!!!!がお薦めだとか!!!!!
(キャッチフレーズは、”家族やお友達を驚かせてみませんか?”とのこと・・)

どちらも人気商品で毎日売り切れが続いているそうです・・・
お早めにご予約くださいとのこと・・・・
posted by 鶴 富士 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11816441

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。