2006年04月05日

茶室からの眺め・・・

窓を開ければ眼前に桜を楽しめる!!

この度、高さ4メートルのヒノキの上に建つ「空中茶室」が山梨県北杜市に完成したとのこと・・・

支柱は樹齢80年で、高さ4メートル、直径50センチのヒノキを使い・・・

茶室への出入りは、はしごを掛けて床の穴から・・・

室内には6〜7人入れるが、風が吹いたり室内を人が歩くと、木がしなり、かすかに揺れるそうです・・

そのためか・・・

床の間や水屋もなく、無駄がなく、形式ばらないユニークな茶室に仕上がっているそうです。
(凝った装備を拵えたら・・果たしてその重さに耐えられるか?ってとこでしょうか・・)

この茶室は、

徹(てつ)」と命名され、北杜市長坂町中丸の「清春芸術村」の中にあり、
県指定天然記念物「清春の桜群」のソメイヨシノが満開になる12日、桜の鑑賞会を兼ねてお披露目されるそうです。


茶室からの桜の眺め・・・

iタウンページで”眺望が楽しめる茶室”を探してみました。

-紅桜公園【北海道】-

〜古くから「桜山」と呼ばれ、お花見、紅葉狩りの名所として親しまれ、特に、茶室“寿光庵”で味わう秋の紅葉は最高とのことです〜
posted by 鶴 富士 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。