2006年02月28日

荒川静香選手の「元気の素?」

仙台市の牛タン専門店「利久」の泉中央店が特別メニュー「荒川静香定食」を前向きに検討する意向を明らかにしました。

特別メニュー「荒川静香定食」って・・・なんなんでしょうね???

荒川選手が来店すると・・・

必ず「1・5牛タン定食」を注文するそうです。

「1・5牛タン定食」とは・・・

通常牛タン4枚のところを6枚と量が1・5倍多く、麦ご飯、テールスープが付いたボリュームたっぷりのメニューです。

「1・5牛タン定食」が紹介されている”クチコミ情報”のご紹介

この「1・5牛タン定食」を・・・・荒川選手は、ぺろりと平らげてしまうとか・・・・・

ただ現在のところ・・・・

「荒川静香定食」の命名については、「もし可能ならば考えたい」という段階なので・・・実現するかは微妙なところ・・・

でも、この「1・5牛タン定食」は食べてみたい!!!

「1・5牛タン定食」は、「利久」の泉中央店以外でも取扱っているようですね・・・
(先ほどの”クチコミ情報”は 牛たん炭焼・利久/泉北店 のものですから・・・・)

牛たん炭焼・利久 の各店舗はこちら


荒川選手がオリンピックから帰ってきたら、当然食べに行くんでしょうね!!
posted by 鶴 富士 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

久々の”ヨン様”

先日、テレビで・・・”長髪姿のヨン様”を見ました。

長髪にした理由は?

なんでも・・約4年ぶりにドラマ主演する韓国大河ドラマ「太王四神記(たいおうしじんき)」(全24話予定)の役作りのためだとか・・・
(「太王四神記」は早ければ今年の12月に日本でも放送が予定されております。)

皆さんは”長髪姿のヨン様”見ましたか?


さて・・・・話は変わって・・・・・3月、渋谷に・・・

イベントスペースとしても使用できる”アジアスター関連の本格的な情報発信基地”として注目を浴びそうな”ショップ「cafe−B」”がオープン予定だとか・・・

「B」はヨン様の英語表記「Bae Yong Joon」の頭文字などを意味するそうです・・・・

プレオープンに合わせて・・・

3月9日には韓国女優ソン・イェジン、同12〜21日には韓国俳優ソ・ジソブの映像上映イベントが同店内で開催される予定があります。(注意:どちらも本人自身が参加するイベントではありません。)

今後も・・・

ぺ・ヨンジュンさんの日本事務所(IMX)の契約スターの関連イベントを随時行う計画があるそうです。

また店内では、一部公式グッズも販売するとのこと。


このような企画を通じて、”ヨン様”が益々身近に感じられるのでは・・・

”ヨン様ファン”の皆様、お楽しみに・・・・


ここで・・・・身近な”ヨン様”について、iタウンページで調べてみました。
(但し、ペ・ヨンジュンさんとはあまり関係ない内容かもしれませんが・・・)

-ヨン様(居酒屋)【茨城県石岡市】-
・・・お店の名前が・・・ズバリそのまま・・・

- 港の味しゅん(お好み焼店)【神奈川県横浜市】-
・・・お店紹介の”ヨン様の家族集合”・・とても気になります・・・・
posted by 鶴 富士 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

温泉にある甘くて美味しいものといったら・・・・

温泉にある甘くて美味しいものといったら・・・・

”饅頭”!!ですよね・・・

ところが・・・

栃木県(さくら市)喜連川温泉に「温泉パン」というものがあります。


温泉パン?・・・なんですかそれ???

温泉パンは温泉のお湯を使用していませんが、味の種類が豊富(全部で17種類程)で、レンジで温めるとふわふわになって美味しいと評判です。

名前の由来は、今から20年くらい前に、町の事業で温泉が湧き出ました。
その湧出記念として「温泉パン」と命名されたそうです。

しかし・・・・

温泉パンと命名される以前からこのパンの歴史は長く、その原型は、昭和30年頃に学校給食用の食パンの余り生地を使って、その当時の職人さんたちがいたずらに作って出来たものだそうです。

「温泉パン」の名前の響きは、何か親しみを感じますね。


栃木県さくら市の”パン店”はこちら


道の駅きつれがわ では温泉パンの間にあんことマーガリンを挟んだものも食べられるそうです。



iタウンページで見つけた”温泉パン”が買える(お取り寄せもできる)お店のご紹介

-サンジュリアン【山梨県】-

*栃木県(さくら市)喜連川温泉の「温泉パン」とは違うようです。詳しくはお店までお問い合わせ願います。
posted by 鶴 富士 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

ちょっと違うぞ!!・・・室蘭のやきとり

一般的に”やきとり”というと・・・・

「鶏肉」と「長ねぎ」ですよね・・・

ところが・・・

室蘭のやきとりは、「豚肉」「たまねぎ」「洋がらし」。

他の北海道の地区ではどうなんですか?

やはり同じ北海道でも、室蘭以外の地域では”やきとり”といえば・・・

「鶏肉」と「長ねぎ」

「豚肉」「たまねぎ」「洋がらし」・・・これは室蘭だけの特徴だそうです。


室蘭やきとりは・・・

豚肩ロース肉を使用し、玉ネギと一緒に串に刺してあります。

室蘭流の食べ方・・・

召し上がる時は付属の洋ガラシを付けて食べる。

タレは・・・

やや甘め。この甘めのタレが洋がらしに合うとか・・・・

おいしそう!!!!


iタウンページで見つけた「室蘭やきとり」がお取り寄せできるお店のご紹介

-一平/中島本店-


iタウンページで見つけた北海道室蘭市の「焼鳥店」はこちら
posted by 鶴 富士 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

今年のバレンタイン、何を贈ろうかまだ迷っているなら・・・

マダムセツコのチョコ・・・

”和と洋の融合と調和”というテーマを持ったメリーチョコレートの人気ブランドです。

なんでも・・・・

チョコレートの祭典<サロン・ド・ショコラ パリ>で・・・・・・
2002年「準グランプリ」、昨年は出展社の中で最も優れたブランドに与えられる「特別栄誉賞」を受賞するなど見た目も味も美味しいと評判のチョコです。

サロン・ド・ショコラ パリ ・・・とは?

毎年、催しを知らせるポスターがパリ中に貼られるなど、秋の風物詩となっている秋に行われる世界一の規模のチョコレート展。

何時間も待たなければ、大きなエクスポ会場に入場できないほどの人気があります。


その祭典で、評価された作品がこれ!!

2002年の受賞作品「うめ」。

チョコレートの表面に花が描かれていて美しいことと、上品な梅の味が受賞の決め手になったとか・・

それ以外にも色々なチョコがあります。

バレンタインでなくても、お店を覗いて見たくなりますね・・・・


iタウンページで見つけた”マダムセツコ”のお店

-松坂屋本店 マダムセツコ【愛知県名古屋市】-
posted by 鶴 富士 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

受験の縁起物

兵庫県明石市と淡路島を結ぶ明石淡路フェリー(愛称・たこフェリー)で販売されている携帯ストラップ「プチたこ」が受験のお守り代わりとしての人気を集めている。

その理由は・・・・

”たこは吸い付いたら離れない”から”落ちない”・・・・・

なるほど・・・・

縁起を担いでいるんですね・・・・


そういえば・・・・

昔から人気の高い”受験の縁起物”といえば・・・・

”天神様のお守り”

天神様は学問の神様・・・

受験会場に行くと、”○○天満宮”のお守りを身に着けた受験生を沢山みかけました。

時が変わっても、天神様の人気は不動のもの・・・・・・・


iタウンページで見つけた”天満宮”のご紹介(行き方など詳細情報のある”天満宮”のご紹介)

-平岸天満宮【北海道】-

-榴岡天満宮社務所【宮城県】-

-町田天満宮【東京都】-

-岡崎天満宮【愛知県】-

-天満宮【大阪府】-

-須磨の天神さま【兵庫県】-

-広畑天満宮【兵庫県】-

-潮江天満宮【高知県】-
posted by 鶴 富士 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

”うどん”対決!!

カップうどんの味付けは販売エリアによって違うらしいですね・・・

そりゃ・・・・”関東”と”関西”じゃ味の違いはあっていいんじゃない?・・・・
と思われますよね・・・・・・

そこで日清食品の『どん兵衛』による東西味くらべの話題から探ってみると・・・・

◆こんなところに違いがあった(見た目編)

 ふたを開けてみるとスープの袋の色が違う!!

 東は青

 西は赤

 なぜ?

 
 次に、スープの袋の封を切って、中身を乾麺にかけてみると・・・・

 粉末スープの粉の色が違う!!

 また、東の”ちょっと甘め香り”になれている人にとっては・・・その香りの違い(期待していた?それとも慣れ親しんだ?)にすぐに気がつくそうです。

 粉末スープの粉の香りも違う!!

 

◆味の違い(まとめ)

 【東】鰹だしのきいた濃い口しょうゆ味。甘い味付け。油揚げも濃い目で甘く味付け。

 【西】昆布だしのアッサリ味。甘味は少ない。


販売エリアが分けられているので在住エリアではどちらか一方しか手に入らないようですが、どちらの種類も取り寄せ可能らしいです。

その違いを実際にお試しになるのもよろしいかと・・・・



取あえず、関東の私は・・・近くのお店で”西”の味を試してみます。

東京で”関西うどん”が食べられるお店はこちら・・・・
posted by 鶴 富士 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。